世界中の青空をあつめて 中村航

  • 2020.03.29
世界中の青空をあつめて 中村航

五十五年もの年月を隔てて、人と人が繋がっていく。人と人が繋がっていくことで、全く希望を持てなかった日々が少しずつ前を向いていける時間へと変わっていく。生きるって凄いこと。生きている全ての人へエールを送るお話。

本:「世界中の青空をあつめて」 中村航
ブックカバー:2020東京オリンピック聖火ランナー 募集広告