2022年8月

青春デンデケデケデケ 芦原すなお

  • 2022.08.28

僕の通っていた高校の裏にはお城のある山があった。高校の裏に山があるということは、その山で青春の匂いのする様々な行為が行われるということである。良い香りのしそうな行為もあれば、臭そうな匂いが漂う行為もある。運動部はトレーニングという名目で山に行く。音楽活動の練習も山が舞台。男子生徒と女子生徒が仲良くなって行くのは山の裏の方。体育祭の応援団の練習も山。授業をさぼってタバコを吸いに行くのも山。桜が咲いた […]

小隊 砂川文次

  • 2022.08.28

豪雪地帯の僕の生まれ育った町は高校二年生の冬に五六豪雪と言われる記録的な豪雪に見舞われた。毎日毎日屋根雪を下すうちに、庭や道路の雪の高さは屋根を越えてしまい、屋根雪を上げるくらいまで雪が降った。あちこちで「この下には電線が埋まっています」という立札を見た。確かその冬に何かの選挙があったが、春になって雪が融けたら、電柱のほぼてっぺんのところにポスターが貼ってあるのを見た。JR(当時は国鉄)も国道も閉 […]

あの夏の正解 早見和真

  • 2022.08.07

新型コロナウイルスの感染拡大対策で中止を余儀なくされた甲子園。この期間、高校球児たちはそしてその指導者たちを取材し、彼らが何を考えどのように行動し何を感じたのかを記した一冊。ずっと憧れてきたものを掴み取るためにずっと頑張ってきたのに、新型コロナウイルスによって夢を奪われたり何かを見失ってしまったのは、何も高校球児だけではない。多くの若者が、そして若者だけではない多くの人にとって、大きな影響を受けた […]