まぼろしのお好み焼きソース 松宮宏

  • 2019.12.11
まぼろしのお好み焼きソース 松宮宏

関西に暮らしていた時、近所のスーパーマーケットでたこ焼き粉のキャンペーンを実施していて、たこ焼き粉を一袋買ったらたこ焼き用の鉄板がおまけに付いてきたことがあった。そういう訳で我が家はたこ焼き用の鉄板を買ったことが無いのにたこ焼き用の鉄板が三つもある。関西で暮らすということは食生活の中に粉ものがかなり大きく入り込んでくるという事であり、粉ものと関わらずに生きていくことは不可能という事である。親しい友達が訪ねてきたらお好み焼き、来客があればたこ焼き、なぜかどこの家に行ってもたこ焼き用の鉄板は常備されている。

まぼろしのお好み焼きソースは神戸の長田に暮らす人々が誰にも負けない味の焼きそばを作って経営に行き詰まったソース屋を助けるお話です。もしも関西に暮らした経験が無かったらえらい大袈裟な話だなと思って読んだかもしれませんが、いやいやこれは充分に有り得る話でございます、関西では。

本:「まぼろしのお好み焼きソース」松宮宏
ブックカバー:おたふくソース(神戸の方、すみません。どろソースの紙袋を持ち合わせておりませんでした。)