アメリカ居すわり一人旅 群ようこ

  • 2022.03.01
アメリカ居すわり一人旅 群ようこ

ニューヨークを訪れた山下達郎さんが街角のストリートミュージシャンのアカペラの歌声に感動して帰国後にひとりで全てのパートをアカペラでレコーディングした「On The Street Corner」というアルバムがあって、学生時代によく聴いていた。それから何十年も経て行った初めてのニューヨークの地下鉄の駅で僕は電車を待っていた。すると一人の男性がホームの端から歌を口ずさみながら歩いてきた。ベンチの前を通りかかった時、新聞を読みながらベンチに座っていた別の男性がすっと立ち上がったかと思うとこの歌に加わった。そして二人がホームの太い柱の横を通り過ぎる時、柱の陰にいたまた別の男性が更に歌に参加した。そのタイミングで到着した地下鉄のドアが開くと三人は歌いながら乗り込んだ。僕も同じ車両に乗り込んだ。ドアが閉まって出発すると、車内に座っていた男性がこの歌に加わったかと思うと四人は美しいアカペラを披露しながら隣の車両へと移動していった。四人目の男性は最後部で脱いだ帽子にチップを集めながら歌っていた。偶然にも本場のOn The Street Corner を聴いて身震いがした。強烈に格好いいエンターテイメントだった。ニューヨークの街はただそこにいるだけでとても刺激的な街だった。

本: 「アメリカ居すわり一人旅」 群ようこ
ブックカバー: グッゲンハイム美術館