動物詩集 室生犀星

  • 2020.02.16
動物詩集 室生犀星

子供の頃、ぼくはジャノメチョウが怖かった。同じ形なのにモンシロチョウもアゲハチョウも綺麗だと思えたけど、ジャノメチョウは羽に付いた目でにらまれるから怖かった。あんな恐ろしい表情の虫は他にはいない。大人になってからジャノメチョウを見たことが無いが、それは住んでいる場所が違うからだろうか、それともジャノメチョウは子供にしか見えないのだろうか。今度見ることがあったら羽に穴が開くくらいしっかりと観察してやろう。室生犀星は金沢の犀川の畔のお寺で育ったようですが毎日河原で動物や虫を観察していたのでしょうね。室生犀星の動物詩集、生き物を観察してみたくなる詩集です。オリジナルは動物の刺繍を施した布の柄の動物の詩集です。

本: 「動物詩集」 室生犀星
ブックカバー:Usagi pour toi