sugita

1/9ページ

アンマーとぼくら

  • 2021.05.15

母が仕事をしていたので、幼稚園や小学校の行事にはいつも祖母が来てくれた。幼稚園の時に一度だけバス遠足に仕事を休んだ母親が来てくれたことがあった。行先は水族館だったのを覚えているが、僕が覚えているのはバスの中で母親と隣通しに座っていた時間のことだけだ。沖縄に帰省をした三日間だけの親子の出来事を暖かく描いた「アンマーとぼくら」を読み終えて、母がまだ元気なうちにあの水族館に母と一緒に行ってみたいと思った […]

あの歌がきこえる 重松 清

  • 2021.05.15

僕の生まれ育った町はテレビで放送される民法が二局しかなかったせいでザ・ベストテンを見ることができなかった。高校三年生の秋の頃、友達の家でセブンスターをふかしながら時間を潰していた時のこと。いきなり友達が「なあ東京の大学受けに行かんか?」と言い出した。いやあ、びっくりした。なんせ自分の知ってる人の中で東京に行ったことのある人間なんて誰もいない。「あほか、俺らこんな勉強しとらんのに東京の大学なんて受か […]

装丁物語 和田 誠

  • 2021.05.14

随分と大変な本を読んでしまった。イラストレーターでありグラフィックデザイナーである和田誠さんが施した本の装丁についての記録。和田さんは依頼を受けると必ずゲラを読み、装丁の構想を描き、イラストを描きあるいは調達し、レタリングをつくり、レイアウトし、インクを指定し、紙質や厚さを確認し、帯の取り外し前後でどう変わるのかも考えて一冊の本を装丁する。シリーズものなら並べて置いたときにどう見えるのかも考える。 […]

世にも奇妙なマラソン大会 高野秀行

  • 2021.05.07

「佐渡はさつまいもをふたつ並べてくくったような形をしています。今いる場所はさつまいもが西側でひっついているところ。明日の朝6時にここをスタートして北側のさつまいもの海岸線を南側のさつまいもと東側でひっついているところまで行ってください。ここで仮眠を取るかそのまま進むかを選択して、南側のさつまいももぐるっと廻って明々後日の朝6時までに今いるここまで戻ってきてください。距離は208キロです。仮眠所以外 […]

北の人名録 倉本 聰

  • 2021.05.03

倉本さんが富良野に暮らしだしてからの日々の出来事を綴ったエッセイ。この時期に出合った人たちやエピソードであの「北の国から」が作られている。登場人物は皆さん実在の富良野の人たち。お食事処「くまげら」で普段から酒を酌み交わしていた人たちなのだ。心に沁みるシーンがたくさんあったドラマだったけれども、ラーメン屋で五郎さんが怒鳴るシーンは本当に涙が止まらなかった。 (この本は富良野のお食事処「くまげら」で買 […]

まぼろしのパン屋 松宮宏

  • 2021.04.18

これは少し不思議なパン屋の幸せを分けてもらえるお話。では僕の好きなパン屋さん「かまどの火」を。千葉県鴨川市の金束。内房からも外房からも同じくらいの距離なので、ちょうど房総半島のど真ん中。車が一台ようやく通れるくらいの山道。細い道はガードレールなんていうものはなく道を外してしまうと転落。街灯もなく暗くなると動物もうろうろ。そんな山道をどんどんと登って行く。本当にこんなところにパン屋があるのかと途中で […]

美味礼讃 海老沢泰久

  • 2021.03.28

大阪に暮らしていた時、料理学校の先生と一緒に料理を作ることができる体験イベントが時々新聞の広告欄に掲載されていた。料理界の東大と言われる辻あべの調理師専門学校の大人版体験入学で、何度か応募して参加したことがあった。先生は料理の手順を説明する際に必ずその理由を説明してくれた。材料の物理的特性を考えた切り方、調味料を加える順番と化学反応の関係、材料の熱の伝わり方と収縮について。深い理論で裏付けされてい […]

さざなみのよる 木皿泉

  • 2021.03.22

一富士二鷹三茄子。富士山の見えるスーパーを営む鷹子の妹を中心に繰り広げられる家族の愛のドラマ。人の命ってどんどん繋がっている。生きているか死んでいるのかは別の話。桜が咲く度にまた読もう。 本: 「さざなみのよる」木皿泉 ブックカバー: 伊藤園

ぼくは朝日 朝倉かすみ

  • 2021.03.21

朝日くんは小学校四年生、小樽に暮らしている。朝に生まれたから朝日の名付けられた。ある日のこと黒猫を差し上げますという張り紙を見つけて夢中になってしまう。朝日くんは黒猫を飼うことを許してもらえるのだろうか。朝日くんに飼われる猫は幸せだろうな。なんせ子どもの気持ちも大人の気持ちもよくわかる朝日くんのことだからきっと猫の気持ちもわかるはず。とても愛くるしい朝日くんと家族のお話。 本: 「ぼくは朝日」 朝 […]

三人屋 原田ひ香

  • 2021.03.21

面倒なことはいつも私に・・・ 嫌なことはいつも僕に・・・ そう思っていても実は周りのみんなに知らないうちに支えられ助けられていることもあるのかも。そしていつかそのことに気付く日がやってくるのかも。三人屋は、朝日・まひる・夜月の三姉妹がそれぞれ朝と昼と夜を切り盛りする商店街の店。僕の住む町にも是非。一日三回毎日通ってしまう。 本: 「三人屋」 原田ひ香 ブックカバー: 鳥と卵の専門店「鳥玉」

1 9